iPhoneXに標準で搭載されている電話帳は、文字が小さく相手の名前や住所が見にくいために使いづらいという印象を持っている人が多いはずです。

しかし、新たな電話帳アプリを使えばそういった問題点が解決され、さらに便利な機能を使うことも出来るのです。



有名な電話帳アプリには「UD電話帳」があります。

UDとはユニバーサルデザインのことを指しており、使う人を選ばない明快な操作性で多くの愛用者がいるのです。


このアプリは表示される文字が大きいのが特徴で、iPhoneXに標準で搭載されている電話帳を使用していたときに起こっていたフォントが小さいがために文字が潰れて読めなかったり、連絡したい人の上や下にある人の名前をタップしてしまったりといったミスがなくなるのです。

また、名前に加えて相手の住所や会社名、役職などの肩書きを表示する機能があるため、同姓同名の人でも間違えることがありません。

さらに、連絡先をグループで分けて、それぞれのグループに異なる色を設定するといったことも可能です。



間違い電話を防止する機能も備えています。
設定をしておくだけで、電話する前に連絡先を確認できるようになります。
また、iPhoneXの音声機能である「Siri」を使って、連絡先の電話番号を読み上げる機能もあるため、間違い電話をほぼ無くすことが出来るのです。

iPhoneXは電話機でもあります。電話帳を使いこなして、電話としてのiPhoneXを便利に使えるようにしましょう。

「Keynote」というアプリを使えば、iPhoneXでスマートにプレゼンを行うことが出来ます。
「Keynote」は実際にプレゼンを行う際に役立つアプリであるだけでなく、プレゼン資料を作成することも出来る多機能アプリなのです。

プレゼン資料を作成する際は、文章を箇条書きするだけではただの読み合わせになってしまいます。

要点だけを短く簡潔に書き、詳細はプレゼンを実行するときに説明すれば良いためiPhoneXで資料を作成するのも苦になりません。

また、「Keynote」にはiPhoneXで撮影した写真や動画を組み込み機能があり、そういった機能を使ってビジュアルを工夫することでよりグラフィカルな資料になるのです。プレゼンの内容を決定づけるキーワードも、文字を上から落としたり、横から流れるように表示させたり、裏返しにすると同時に色を変えるといったエフェクト機能でさらに強調させることが出来るのです。
プレゼン資料が準備できたら、iPhoneX本体をプロジェクタに接続すればすぐにプレゼンを開始することが出来ます。
この際、接続ケーブルは専用品が必要になるので注意しましょう。



またパソコンが用意されていて、そのパソコンをプロジェクタにつなげてプレゼント行う場合は、「Keynote」のリモート機能を使ってiPhoneXをリモコンとして使用することがお勧めです。
指先で画面をスワイプすれば次のスライドが表示されるため、手元を見ずに進めることが出来るので非常にスマートなプレゼンを行えるのです。