iPhoneXアプリはMacでXcodeを利用することが必要でしたが、サードパーティ製の開発環境が揃ってきたこともあり、Mac以外でも開発が可能になってきています。

サードパーティ製の開発環境はゲームに特化した物が多いですが、実用アプリの制作でも利用できる汎用タイプも多数発表されています。



iPhoneXアプリでゲームを作るならUnityかUnrealengine、cocos2dなどが利用できます。
どの開発環境も1つのコードから多数の携帯端末向けにアプリを作れる仕組みとなっています。

マルチプラットフォーム対応の開発環境は端末毎にアプリを作る必要がなく、工期の短縮、またゲームの中身に時間を集中できることから大変好評です。

また、統合開発環境となっていることが多く、キャラクターのアニメーションやUIの作成が簡単に行えるような仕組みがあります。

iPhoneXアプリのうち実用性を求めるならXcodeやPhonegapなどの開発環境が利用されることが多いです。

XcodeはiPhoneX用のアプリを作るだけですがPhonegapはマルチプラットフォーム対応です。
さらにPhonegapではHTML5でUIを作り、Javascriptで動きを付けられるので主にWEBサイトを作ってきた方々に人気がある開発環境です。

アップルは一時期サードパーティ製の開発環境で作られたアプリの審査を特に厳しく行っていたこともあるようですが、現在では開発環境にこだわること無くアプリを平等に審査していますCoronaは商用のアプリ開発環境です。商用アプリ開発環境ですがFree版も用意されており、使いやすい環境ということもあり人気が高くなっています。

CoronaはiPhoneX,Android、Windowsphoneなどさまざまな環境に向けてアプリが作成可能です。機種依存していない機能だけなら1ソースですべての環境にむけてビルドが可能になっています。

iPhoneX向けのアプリに場合、審査が気になりますが、Corona製でもまったく問題なく作成可能な上、iPhoneX向けのアプリはビルド時に独自の技術で行なうことで速度がXcodeで作られたネイティブアプリとほぼ同等なのが嬉しいところです。



CoronaはLuaという開発言語を利用しますが、Luaはおぼ安く、Actionscriptを利用していた方なら学習コストもそれほど高く無くすぐに利用できると言われています。


また、iPhoneXアプリ開発でもWindowsで開発し、ビルドをリモートで行なうことでアプリが公開できる仕組みも作られています。

このビルドの仕組みがあることでMacを持っていなくてもアプリを作れ、また、審査に望める体制が作れています。



Coronaは主に2D向けのゲームやアプリが得意です。


無料で使える環境だけでもしっかりとしたアプリが作成できますが、月額制のデベロッパー登録をすればさらにパフォーマンスの良いライブラリとビルド環境がてにはいります。