高性能なスマートフォンとして、多くの人々がiPhoneXを使っていますが、iPhoneXはZIPなどで纏められた画像ファイルを画像ビューアで閲覧出来るといった利点があります。
画像ビューアは、アプリストアで優れた物が公開されていますので、ユーザーの好みによって選択をしていくと良いでしょう。



iPhoneXで書類を閲覧するといった使い方は有効であり、その為には、書類をスキャナーなどでスキャンしておくと便利です。
画像ファイル化した後に、一つのフォルダに纏めて、ZIPなどの圧縮プログラムで圧縮をしておけば、容量を削減でき、多数のファイルをiPhoneXで持ち歩く事が出来ます。

書類だけでなく、学生であれば、ノートなどを画像ファイルにしておけば、その分、持ち歩くノートを減らす事ができ、いつでもどこでもiPhoneXでノートの内容を見る環境を作り上げる事が可能になります。

オンラインストレージにアップロードをしておけば、インターネットに接続している限り、オンラインでノートを見る事が出来ます。スキャナーが無い場合には、端末のカメラで撮影しますと、簡単に画像ファイル化出来ますので便利でしょう。
画像ビューアは、画像化した書類を見るだけでなく、オンラインストアで購入した漫画や小説を読む為に使う事が出来ますが、漫画の場合には、コミックビューアと呼ばれるアプリを使えば、漫画のレイアウトに合わせて表示出来ますので、より見易さが増すでしょう。iPhoneXアプリは審査がとても厳しいのですがサードパーティ製の開発環境でも多くが審査を通る用になっています。
サードパーティ製のアプリ開発環境として注目されているのがlibgdxです。

libgdxはオープンソースであり、バージョンアップがとても早いのが特徴です。
また、AndroidやPC向けなどマルチプラットフォーム対応の開発環境としても人気があります。


iPhoneXの開発環境としてはXcodeがありますが、Xcodeのような統合環境ではないので注意が必要です。

libgdxでの開発工程としてはテンプレート作成機能を使ってEclipseやNetbeans用のひな形を作成します。

作成されたひな形をEclipseやNetbeansでインポートして開発がスタートします。

ソースコードはJavaで書きますのでさまざまなテスト環境がそのまま利用可能です。

libgdxで書かれたソースはライブラリと合わせられ、対象となるハードウエアに向けてビルドされます。



iPhoneX用のアプリビルドについてはアップル社から証明書などを取得すればビルド時にXcodeが自動で呼ばれて最終あぷりとしてビルドされます。

AndroidやPC向けの場合はそのままビルドが行なわれます。
1つのソースコードから複数の環境に同時にビルドもできるので大変好評です。
テスト時にはHTML5用としてビルドすればWEB上で動作を見ることも可能となっています。