iPhoneXアプリはさまざまな環境から移植をされていますがが増えているのがWEBサービスからの移植アプリです。

WEBアプリはHTMLとJavascriptなどでクライアントが作成されていることが多いですが、iPhoneXアプリにする際にはこのクライアント部分をアプリ化する場合が多いようです。iPhoneXアプリはさまざまな開発環境がありますが、WEBサービスを移植する際にはPhonegapとCordovaが良く使われています。

PhoneGapもCordovaもオープンソース型であり、開発が活発な開発環境の一つです。

これらの開発環境はUIをHTML、動きをJavascriptで作成します。



この作り方はWEBサービスのクライアントでも同様であり、フレームワークを共通化してアプリ構築をする方も多いようです。

Phonegapは主にJavascriptがわかっている方向けに作成されていますが、WEBサービスを作っている開発者ならすんなりとPhonegapのライブラリを使いこなすと言われています。



ネットワークに強いライブラリでもあるので各種サーバへのアクセスやTwitterやFacebookへのログインなどの機能も充実しており、WEBサービスを作った経験があればすぐにアプリ開発にも携われると言われてます。



また、PhonegapやCordovaはプラグインが充実しており、日々使いやすいプラグインが作られているのもメリットと言えますiPhoneXは、常に持ち歩けるサイズの高性能端末です。

iPhoneXを使えば、最新のニュースを移動中や外出時の空き時間に手軽にチェックすることが出来るのです。

さらに、より多くのニュースを閲覧するためのアプリが揃っています。


「Reshare」を使えば、世界中のニュースを日本語で読むことが出来ます。
各国の翻訳者が海外のニュースを240字にまとめて日本語に訳して配信してくれるので、現地のローカルな情報を入手することが出来るのです。

ニュースは経済や政治、ライフスタイルなど多岐にわたっており、短くまとめられているので短時間ですぐにチェックすることが可能です。

また、翻訳前の原文も表示され、言語は60ヶ国語以上に対応しているため、語学の学習にも役立ちます。


経済ニュースに特化しているアプリもあります。


「NewsPicks」は、金融やITといった複数のジャンルからテーマを選択してそれぞれの業界の有名人をフォローすると、その人がおすすめする記事がタイムライン上に流れてくるというソーシャルネットワーキングサービス的な機能を持ったニュースアプリです。

流れてきたニュースにコメントを付けてシェアすることも出来ます。
iPhoneXはこういったソーシャルネットワークに適した端末でもあるのです。

多くのユーザーは、iPhoneXをWebブラウジングやゲームやSNSという用途のために使用しているはずです。

しかし、iPhoneXは最新のニュースをチェックできるビジネスマシンでもあるのです。